ダウン症の子供の平均寿命は?

ダウン症 寿命

現代では科学技術の発達とともに、
医療の技術も進歩していると言って良いでしょう。

それは、ダウン症児の寿命にも好影響をもたらしています。

一昔前までは不治の病とされていたものが、現代では治療できるようになっていたり、
その進歩はめざましいものがあります。

スポンサーリンク

過去のダウン症の子どもの寿命について

そもそもダウン症患者さんは、
心臓などに先天的な欠損や疾患を持っていることが多く、
長く生きられないとされてきました。

心臓の疾患だけではなく、他の臓器についても同じことが言え、
特に消化期間系、眼科系などの病気が起こりやすいことから、
昔はかなり平均寿命も短かったそうです。

成人まで生きていられるといった例は珍しく、
多くは成人前に亡くなっていたとの話があります。


現在のダウン症の寿命について

しかし、現在では上で書いたように医療技術が発達したことや、
早期から療育などによって個人差が大きくあるものの、平均寿命がかなりのびているそうです。

成人どころか、30歳40歳となっても元気に生活をしている人も多く、
現代では50代くらいまでは平均して生きられるとされています。

ダウン症 寿命

ダウン症児は成長にあわせて、様々な疾患が起こりやすくなるリスクを抱えているのですが、

現代では年齢に応じて健康管理プログラムが作られており、
かなりの治療効果があるそうで、結果的に平均寿命は飛躍的にのびていると考えて良いでしょう。

ただ一昔前と比較すると、随分と認知もされてきましたが、まだまだ理解されている人は少なく、
社会的に見ると理解されていないと考えて良いかもしれません。

今後、さらに平均寿命ものびていくでしょうから、
ダウン症患者さんにとっても優しい社会でありたいものですね。

【妊活・妊娠中のダウン症予防に】

スポンサーリンク

One Response to “ダウン症の子供の平均寿命は?”

  1. いぬ より:

    難しい事ハイテクで防げるものなら防ぎたい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ